どんなに頑張って毎日ダイエットをしたとしても、全く体重減少を実感することが出来ない方も多いことでしょう。
大切なのはダイエットで努力をするよりも、骨盤ダイエットで骨盤矯正をすることなのです。 大きな効果を期待出来る骨盤枕ですが、残念ながら全ての方に高い効果を期待出来るワケではありません。
骨盤ダイエットを行うためにどのような人が効果的な骨盤枕ダイエットに向いているのかをまずは理解しておきましょう。

 

正しくない位置にある骨盤は骨盤枕を利用することで、美しいボディラインを作ることの出来る位置へ矯正してくれます。
また運動が苦手な人に対して、骨盤ダイエットは向いているダイエット方法と言えるでしょう。
女性は男性と比べ冷え性気味であり、不特定多数の人が骨盤ダイエットを実践されていますがそれを改善することも可能です。
特に出産を終えた女性というのは骨盤が歪み気味にありますので、しっかりと骨盤ダイエットを継続させる必要があるのです。



骨盤枕は寝るだけで痩せる驚きの効果ブログ:17/10/22

減量中は、
食事は1日3食バランスよく摂ることが大切なんですが、
毎食どれくらいの割合で摂ればいいのか気になりますよね。

理想の食事摂取カロリーの割合は、
8時:12時:夕方=3:4:3とされています。

例えば…
1日の目標摂取カロリーが1800kcalの場合は、
8時食540kcal、12時食720kcal、夕方食540kcal
となるわけですね。

必ずしもこの割合でないといけないという事はありませんが、
12時食に重点を置き、
8時食と夕方食は軽い食事で
済ませるというのがポイントです。

夕方食はどうしても豪華になりがちなので、
食べ過ぎることもなくなりますし、
胃にもやさしいですよ。

減量中でカロリーが気になったり、
食事のボリューム感が足りない時は、
肉や魚などのたんぱく質を少し控えめにして、
きのこや野菜・海藻類などをたくさん取ると、
食物繊維も取れるし、
お腹の満足感も感じられるのでおすすめです。

食事の時間が不規則で
お腹が空いてしまった場合は、
間食におにぎりやバナナなどを取り入れてみましょう。

お腹が減ると血糖値が下がるため、
思考回路や集中力が低下したり、力が出なくなりますが、
間食を取り入れることで改善できますよ。

また夕方食がよる遅くなってしまう場合は、
野菜中心の軽めの食事にしてみましょう。

よるは消費カロリーが昼に比べ少ないので、
高カロリーのものを摂ってしまうと
脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。

食事はバランスが大切です。
8時・12時・夕方を規則的に取るのが難しいのなら、
賢く間食を利用して
食事を上手にコントロールしましょう!




このページの先頭へ戻る